海外ニュース見出し、謎の死を遂げたケンドリック・ジョンソン君の死に疑問を持つ両親は、本当の答えを求め続けている|バージニア州、医学生がヒーローに、医学試験中に本物の病気を発見

ケンドリック・ジョンソン君の死に疑問を持つ両親は、本当の答えを求め続けている

以前の記事ジョージア州、ケンドリック・ジョンソン君がレスリングマットで死亡した日に着用した服装が紛失したと家族の弁護士が発言

A year later, family still seeks answers in teen’s death after case closed as freak accident

毎週、類まれな事故で亡くなったケンドリック・ジョンソン君の両親は、裁判所の角に来てボードを持って訴えかけています。

ウェブサイトには、調査の再開を呼びかける記載があります。車が通り過ぎていく中、一部のドライバーは手を振って、クラクションを鳴らします。他には、「帰れ!」とか「がんばれ!」という声も聞こえます。

ケンドリック・ジョンソン君の死の原因について不明な点があるからです。
何者かが彼を殺害したという証拠を当局が隠しているのでないかと家族は思っています。恐ろしい死体解剖の彼の写真には、彼の歪んだ顔が写されていて、家族の抗議の意志の表れです。

ケニース・ジョンソンさんは
「私達家族は、誰かが隠れている以上、誰かが裁かれるまで納得できません。」
と話しました。
「あれが何故事故なんですか?」

彼だけが不審に思っているのではありません。200人ほどの人たちがジョンソン家族を支援しています。
「誰がK.Jを殺したのか?」(K.Jを殺したのは誰だ?)
とボードに掲げました。

果たして彼を殺害したという証拠は存在するのでしょうか?

バージニア州、医学生がヒーローに、医学試験中に本物の病気を発見

>ヒーローというと悪者を倒す人とか、もっと多くの人を助けたり、偉大なことをなした人とか、超人級の人物というニュアンスで私は捉えるのですが、アメリカの場合は一人でも人命を救助したり守ることで、ヒーローとして認識されているみたいです。どちらでも立派な行為であることに変わりないので、こだわることはないのですね。

Medical school student becomes real-life hero during pretend examination
彼はまだ医者ではありませんが、彼は実際に医者の役割を果たしました。

バージニア大学の医学生は、診察の実習中、ある男性の人生を救ったのです。
ライアン・ジョーンズさんは、試験中に特別な症状で苦しむふりをする患者を診察します。これは、医学生が患者の問題を分析し、正確に診断する能力を計るテストです。(意訳)

試験患者役の一人であるジム・マロイさんは、実は腹部大動脈瘤でした。それをジョーンズさんが実際に病気だと診断しました。

マロイさんは
「彼は、私が試験のためにそこにいると思っていました。そして、私は病気ではないはずでした。」
と話しました。
「彼は、私が本当の患者であると思っていました。私は、監督をする医者が私に何か見つかったと話してくれるまで、その病気に気づきませんでした。ライアンが見つけたんです。」

その後、マロイさんは手術を受けました。そして回復しました。マロイさんの妻は、医者とミラクルな診察に感謝しました。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: パーマリンク