安価スマートフォン用三脚、TRIPOD、JT-3110A購入レビュー感想|アイフォンアプリとアンドロイドアプリでどちらが広告収入が高いか、答えはアイフォンでした|ひよこレスキューFor android版を公開、グーグルプレイにアップ

商品レビュ、感想

スマートフォン用三脚、TRIPOD、JT-3110A購入レビュー感想

ユーチューバーの人みたいに、自分撮りして説明できないのですが、今回購入したスマートフォン用三脚、TRIPOD、JT-3110Aの購入レビューです。
小型三脚に、スマートフォンを固定するためのホルダーがついています。
このホルダーは、スマートフォンを挟む部分を延長方向に引っ張って伸ばして、その間にスマートフォンを挟んで固定します。固定はバネの作用で固定されます。
アイフォン4,4s,5位は固定できると思いますが、ネクサス7は挟めません。

画像 脚を伸ばした状態
写真 2014-01-09 10 30 46

写真 2014-01-09 10 29 34

写真 2014-01-09 10 29 11

写真 2014-01-09 10 28 52

アイフォンを装着した状態
写真 2014-01-09 10 28 40

結論、コストパフォーマンスが高い

1180円です。楽天で、配送料は525円、合計1705円でした。アマゾンでは、確か1400円位です。(配送料不明)

そして、固定ホルダーは、アイフォン4にラバーケースをはめた状態でもOKでした。
三脚の折りたたんだ状態での大きさは高さ約40cmで、袋も付属です。3段の脚は1段ずつ伸ばして固定できます。

 継続して何本も動画を取るようになれば、新しい撮影用のデジカメともっとしっかりした三脚が欲しくなります。とりあえず、使えればOKという感じであれば、コストパフォーマンス大の三脚です。
 

短所:安っぽい

三脚にしては、少し安っぽいつくりと、アルミが細いので、ちょっとしたことで曲がる恐れがあります。いわゆる、安い折り畳み傘みたいな感じです。安くて軽くて持ち運びは便利だけど、ちょっとした衝撃と長く使用していると曲がってしまう感じに似ています。
金額からすれば当然の材質であるので、もっとしっかりしたものがほしい時はもっと、金額の良い物を購入すべきです。
しかし、千数百円でスマートフォンに対応して三脚は非常に便利だと思いました。スマートフォンの取付部品を三脚から取り外せば、デジカメも着用できます。

スマートフォンアプリ開発

アイフォンアプリとアンドロイドアプリでどちらが広告収入が高かったか?

広告を入れたほぼ同じ内容のアプリをアイフォンとアンドロイドで開発してきました。
アイフォン2つ、アンドロイド3つです。資格試験向けアプリとカジュアルゲームです。
アイフォンは他に広告収入なしのアプリがあります。

結果発表

 ADMOBの傾向を見ると、総合的に利用回数が多いのは、資格試験用のアプリですが、広告収入が多いのはゲームでした。
これは単に、ゲームのタップでクリックしてしまったのではないかと思います。

 前回作成した資格試験向けのアンドロイドアプリは、2つ合わせてもダウンロード数が100にも届きません。そんな感じで広告収入も1ドルすらありませんでした。
 アイフォンと合わせて、現在までに約11ドルの広告収入がありました。
 内訳は、アイフォンが約10ドル、アンドロイドは約1ドルでした。

 つまり、アイフォンのほうが広告収入が高いという結果になりました。利用回数もアイフォンの方が、約2,3倍ほど多い状況でした。
 
 なお、ゲームと資格試験向けアプリとも日本国内のみなので、いわゆるアンドロイドのシェア80%は世界のシェアであって、国内では、アンドロイドのシェア約15から20%程度、アイフォンは約60から80%くらいではないかと思いました。
 
 そのため、アイフォンのデベロッパープログラム1万円、グーグルプレイ登録料約35ドル(25ドルだっけ)の回収すら、いつになったらできるのだろうかという感じでした。
 サーバ代、書籍代の回収はもっともっと時間がかかります。そう言う間に、また次の開発環境が出現すると、その学習のための書籍代も必要になります。
 
 

ひよこレスキューFor android版を公開(3作目)

過去の記事グーグルプレイにアップロード手順

ダウンロードはこちらからです。無料です。広告収入のためにADMOBを入れています。

Android用にAndEngineとBox2dライブラリを利用した1号目のアプリで、アンドロイドアプリとして3作目です。
今回は、Box2dを利用したカジュアルゲームです。「力作なので遊んでね」、そう言えるようなゲームではなくて、「やっとこさゲームを作りました」、「なんとか作れました」、「作るの飽きてきたんで今回はここまでにしたいと思います」的なゲームです。
ドラクエみたいにRPGを作りたいのですが、なかなか先は長いですね。

それほど苦労はしなかったのですが、
(1)ゲームのアイデアが無いこと、
(2)とりあえず短期間で作ってみたこと、
(3)ダウンロード数やアンドロイドアプリの開発の困難さ、開発の環境等を体験したかったこと
を踏まえて次のアプリをアイフォンにするのか、アンドロイドにするのかを決定しようと思います。ほとんど、アイフォンで作ったほうが楽で広告収入が得られそうな気がします。

なお、このアプリは、アンドロイドアプリで「ゲーム」を開発したい初心者向けの講座として使えそうな、「ゲームアプリ」開発の学習に最適なレベルの内容といえます。つまり、面白いゲームは構成やアルゴリズムが難しくて、初心者向けの教材として不向きであり、簡単なカジュアルゲームは、初心者のゲーム開発を教えるのに最適と感じました。
(この程度のゲームしか作れない自分の言い訳、自分への慰めです)

悪戦苦闘したアプリ開発日記のリンク

悪戦苦闘したアプリ開発日記はこちらです。
今日のエラーAndroidアプリ開発、andEngine GLES2 Anchor Center,box2d |manifest.xmlの記述ミスでintentでエラー

Androidアプリ開発、今日のエラーまとめ(1)ー(6)分、2003年9月22日〜11月7日

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: Androidアンドロイド携帯アプリ, 商品レビュー感想 タグ: , パーマリンク