海外ニュース見出し、米コカ・コーラ、従業員など7万4千人の個人情報が入ったラップトップパソコンが一時的に盗まれた|海外のニュース記事に掲載、楽天の田中将大、ヤンキースへ入団7年1億5500万ドル(約162億円)、でも税金は56.1%

海外の事件

米コカ・コーラ、従業員など7万4千人の個人情報が入ったラップトップパソコンが一時的に盗まれた

Coca-Cola: Stolen laptops had personal information of 74,000

コカ・コーラは、アトランタの本社で従業員、契約者と供給元の7万4千人の個人情報が入ったラップトップパソコンが一時的に盗まれたと発表しました。
その後、取り戻したラップトップについて、個人情報が不正に利用されたという証拠は見つかっていません。ただし、どのようにして盗まれたのか、どのようにしてラップトップを回収したのかについて説明はありませんでした。

その時に
コカ・コーラの規則では個人情報は暗号化されているべきとしていましたが、その個人情報はまだ、暗号化されていませんでした。

(略)

海外の記事

海外のニュース記事に掲載、楽天の田中将大、ヤンキースへ入団7年1億5500万ドル(約162億円)、でも税金は56.1%

>記事では税金の問題について掲載されていますが、田中さんの場合は大リーグでプレーできるのがうれしいというところでしょうか。それにしても半分が税金に消えてしまいますが、その税金はアメリカに支払われるので、日本国は損するのではないでしょうか?そうなると、政府はもっと高額納税者が日本国内に住むようにして、きちんと税金を徴収しつつも、高額納税者に対して敬意を払ったり、なにかサービスをしてあげるなどの工夫が必要ではないかと思います。モナコのように税金がない国は、カジノの収益で税金がいらないのですから、日本も高額納税者がたくさん増えて、税金を払わなくても良い国になればよいのだと思いました。そうすると、プロ野球選手、プロゴルフ、プロサッカー、そして、ワンピースやナルトのような国際的に売れる漫画家を増やし日本国内で活動をしてもらうようにすればよいのです。消費税を上げるよりもずっと国民のためになると思います。

Yankee Boodle Dandy

田中将大さん、ニューヨークとヤンキースのピッチャーにようこそ。
でも、大金を支払う覚悟をしてください。

田中さんは日本のピッチャーで(アメリカの記事なので、わかりきった部分でもそのまま訳してます)、今週7年1億5500万ドル(約162億円)の契約をしました。税金は半分以上でしょう。

彼が7年以上契約できれば、彼の税金のレートは米国において、56.1%になります。
田中には、カブスとダイヤモンドバックスの選択もありました。
理由としてイリノイ州とアリゾナ州の低い税率、それは、シカゴまたはフェニックスでは市の税収入の不足が挙げられます。ATRの話では、田中がカブスと契約すれば12Million(12百万)ドル、ダイヤモンドバックスと契約すれば、13Millionドルも節約できたのです。

(略)

3色にシャープペン、三菱鉛筆 ジェットストリームプライム 3&1多機能ペン (ボールペン0.7mm インク:黒・赤・青、シャープペンシル0.5mm)

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク