日本の将来、数十年後、日本はハワイと同じようにアメリカの属州になるか、中国か韓国に占領されるか

仮想的軍事同盟

沖縄の基地からアメリカ軍が撤退し、日本とロシアが軍事同盟を結び、北方領土が日本に返還されたら

 数年後、日米同盟が破棄され、沖縄の基地からアメリカ軍が撤退し、その代わりに自衛隊が沖縄で駐留。また、ロシア軍が共同で中国、韓国からの脅威に備えるようになる。
 日本とロシアが軍事同盟を結び、北方領土が日本に返還され、ロシアから石油、ガス系のエネルギーが供給される。そのため、ガソリン、灯油系の原料が安く入り、物価は安定する。
 中国、北朝鮮との軍事対峙のために日本も核爆弾を保有する。その後押しをロシアが勧める。
 経済は、アメリカの投資が日本から引き上げるため、日本の株式市場は大打撃を受ける。そのため、日本は不景気になり、5年から10年はデフレ状態。しかしその後、アメリカ以外の投資家が日本の株を購入(楽観的発想)し、日本は元の景気に戻る。
 中国、韓国は日本がロシアと軍事同盟を持つようになっため、うかつに領土問題について反発できなくなる。また、日本も中国が尖閣諸島、韓国が竹島に近づいた船については、すべて逮捕、勾留、強制送還を実施するようになる。中国と韓国は反発するも日本の海上自衛隊の軍艦に対抗できず、領土問題について発言が減ってくる。

悲観的日本の将来

数十年後、日本はハワイと同じようにアメリカの州になるか、中国人か韓国人に占領される

人口が減った日本は、将来の人口を心配し、移民を大量に受け入れる。移民としてきた外国人は、日本人よりも体が大きく、他人のことを考えない人種が日本の国籍を取るようになる。
日本の良き風習、慣習である道徳心が消え、自分さえ良ければ良いという風習が増え、人種間の差別が増加。
差別化が増えるとともに犯罪が増加する。
その後、独立を目指す自治県が増加し、独立を宣言し始める。言葉も通じないし日本語を話さない日本人が多数を占めるようになる。

想定(1)そして、アメリカが国連に働きかけ、国民投票

アメリカの州になるべく、国民投票が実施される。アメリカが後押しをする。
そして、天皇制を廃止し、日本がハワイ州と同じように日本州になる。日本は、アメリカの州の一つとなり、星条旗が掲げられるようになる。公用語は英語、スペイン語で、日本語は選択制になる。

想定(2)中国系、または韓国系の帰化人が増え、国民投票を実施する。

中国、韓国が後押し、
天皇制を廃止し、中国の一県、または韓国領となる。
公用語は、中国語かハングルとなり、日本の文字、日本語は強制的に廃止させられる。

その後

純日本人種は、差別を受け、重要な職業、ポストに付けない法律が制定される。
純日本人は、自由を求めるために、アメリカ、カナダ、ヨーロッパに移住または移民となる。
純日本人は地域一帯のために働こうとする。

そして日本人の戦いが始まる。という映画が作れそうです。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 未分類 パーマリンク