マクドナルドの株主優待券の紹介、配当金は|PM2.5が実は化学兵器だったとしたら、恐るべし中国

マクドナルドの株主優待券の紹介、配当金は

100株で優待券が1冊(6枚綴り)がもらえます。
そして、配当金も企業の業績に応じて支払われます。

私は300株なので、3冊もらえました。
マクドナルド優待券

配当金

1株30円
300株で9000円
そこから、約20%税金で引かれます。
7172円でした。

PM2.5が実は化学兵器だったとしたら、恐るべし中国

PM2.5により中国の北京市内は霧のロンドンみたいです。霧は水分ですから、体に悪影響はありませんが、PM2.5は悪影響を及ぼします。よくあんな状況で中国政府は工場や自動車の排ガス規制をしないものだとびっくりしてしまいます。肺がんの死亡率が10年で異常に高いこととなるでしょう。

PM10というのもあり、粒子状物質が10μm以下のものでを刺しますが、PM2.5のほうが健康影響との相関性が高いということです。つまり、PM2.5は2.5μm以下のものを指し、つまりより小さい微粒子のために、人間が吸い込みやすいということだと思います。

PM2.5がなぜ増える

PM2.5は、工場の煙、自動車の排気ガス等による影響で空気中にゴミ塵埃が俟っている状態のことだと思います。

PM2.5が化学兵器だったら

細菌兵器は世界的に利用することが禁止されています。
そして、PM2.5が化学兵器だったとしたらどうなるでしょうか?
イメージ
化学兵器と気付かなかったとしたら、
敵対国へ自然を利用して散布し、相手を油断させることが可能です。
徐々に敵国を知らないうちに弱らせることができます。
その代わり、自国民にも被害が及びますが、自国民に化学兵器の耐性ができていたとしたら、被害は少なくて済みます。

今のところ、PM2.5が化学兵器という証拠も噂もありません。しかし、中国と日本、九州は遠いようで実は、近い位置にあり、大気中を利用した兵器も考えられるため、心配できるところは注意したほうが良いのでしょう。


ポイント5倍&送料無料【代金引換不可】白元サニーク快適ガードプロ 立体タイプ レギュラー マスク在庫あり
マスク鼻部分の内側にノーズクッションがついて、スキマに密着します。
メガネのくもり99%カット。
花粉・ウイルスを含む飛沫99%カット。

画像エリエール トイレットティシュー フラワープリント 12R(ダブル)エリエール トイレットティシュー フラワープリント12R(ダブル)は、さりげなく華やかな、やさしい花柄のトイレットペーパー(ダブル)です。パルプ100%。さわやかな花の香りがつつみます(香りは芯につけています)。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 時事ネタ、政策、法律 タグ: , パーマリンク