中国と韓国が羨ましい、金の亡者、嘘のテロ行為|米ロ、ウクライナ問題、お互いのメンツを保ちつつ収束する

国家間の問題というのは、一筋縄ではいきません。お互い、生死を分けて国家の利益を取り合うわけで、みんな仲良くなどと言っているとそのうち自分の取り分まで取られてしまいます。そこで、頭の良い国は、まず自分の取り分をきっちり抑えてから、残りを他の国に与えます。そして、頭の良い国は、取り分をコントロールするのです。そうすれば、自分の国が不利益になることはありません。
この頭の良い国がアメリカで、不利益になるのが日本、東南アジア諸国です。
 アメリカはいかに正しいことを言っているようであっても、自国の優先しか考えていません。トヨタ自動車がアクセルとブレーキを運転者が踏み違えていたのにかかわらず、自動車に取り付けられたCPUの誤作動によって、ブレーキを踏んでも自動車が止まらないとしたリコール問題。アメリカの敵、恥を知れ、とまでトヨタ自動車は罵られました。一方、アメリカ国内の自動車メーカーGMはエンジンを始動する点火スイッチの不具合を10年以上放置したとされる問題があっても、大きく糾弾されていません。あれ?何この静けさは、てな感じです。理由は、トヨタ自動車が売れすぎて、トヨタ自動車を排除したかったからです。トヨタが外国の企業だからです。GMはアメリカ国内メーカーですから、非難しません。「恥を知れ」ともいわれません。アメリカとはこういう国なのです。自分大好き人間国家なのです。一種のわがまま国家です。こういう国と日本は同盟を結んでいるのです。ほんとに必要な同盟かとも思えてきます。もともと歴史的に日本とアメリカは仲が良かったわけでもありません。江戸末期に不平等条約を結ばれていますし、明治時代、ハワイがまだアメリカの州になる前の独立した国家のときでも日本はアメリカに敵対しました。つまり、日本とアメリカは思想的に異なる国家同士です。そう考えるとなんだか納得がいくような気がします。たぶんイギリスのほうが日本は似ているのではないかとも思えます。やはり、国王が統べる国同士のほうが思想が合うのではないでしょうか。
国というのは自国の企業、国民が繁栄すれば良くて、外国、外国人が利益を出すのは許さない、というものなのです。そのために、領土問題、資源問題では、戦争になってでも奪いあう現在です。日本は平和すぎて、他国と争い奪い合うというハングリー精神が少なすぎます。戦争放棄は結構ですが、競争はいつの時代も生死問題です。だからこそ、外交において、相手の弱みを握り、取引を重視するのです。駆け引き、ポーカーフェースです。

前回の記事、韓国パク大統領、反日が・ん・ば・れ

中国、韓国問題

中国と韓国が羨ましい

日本は、中国、韓国と領土問題でもめています。以前はなにも問題のなかった領土問題ですが、ココ数年で突然ヒートアップしてきました。もともと日本の領土であるとお互いが認識していたのに、資源がでてくると突然自分の領土だと主張し始めたのです。
日本政府は外交が下手で、取引もできません。そのため、他国に自国領土内への侵入を許す結果となりました。そのうち、中国は尖閣諸島へ上陸し、実効支配を進めるものと思われます。好き勝手にできる中国と韓国が羨ましいとお思います。日本であれば、国内、世界から非難されてしなう行為が中国と韓国では許されてしまうという不条理です。

皮肉を込めて、好き勝手ができる中国と韓国が羨ましい。

嘘を発表しても平気な精神

ありもしない嘘を世界に向けて発信しても誰からも咎められない精神と国民性が羨ましいと思いました。
日本なら、嘘をつけば社会的にも精神的にも責められてしまいます。例えば、STAP細胞の小保方さんと同じように。

中国は、「南京で30万人虐殺」とドイツで講演しました。30万人といえば、ちょっとした都市に匹敵する人数です。誰も人数を数えたこともないし、それだけの数の人が殺されてしまえば、いったい死体は何処に埋められていて、誰がそれだけの数の死体を埋めたのでしょうか?やっぱり旧日本軍がわざわざ埋めたのでしょうか?
どんなに戦争中でも民間人を故意に殺害することは重罪ですし、占領後に人が必要なはずですから、人材は貴重な財産です。最初から虐殺目的の戦争でなければ、わざわざ、大量に殺害する理由はありませんが、旧日本軍は虐殺のために戦争を起こしていません。

そもそも、それだけの人数を殺されれば、みんな逃げるはずなのに、誰も逃げずに、黙って、見ていたのでしょうか?
幾つもの疑問が浮かび上がります。まず、その殺された人数と動機です。また、旧日本軍は30万人を殺傷するだけの武器弾薬を持っていたのでしょうか?無駄な弾を撃てるはずがありません。資源のない日本です。アメリカではありません。

殺されたとする人数は推測、予想、

南京大虐殺があったと主張するそのとき中国の誰がどれくらいの人が、30万人を殺した現場を直接見たことがある人はいるのでしょうか?
その証拠は全くありません。あくまでも20万人から30万人を殺したであろうという推測なのです。ココが大事なのです。

殺されたとする人数は推測なのです。これくらいの人が殺されたんではないだろうかぁ。はっきりした数を数えた人がいるわけでもないし、もう過去のことだし、さっぱりわかんないけど、これくらいの人が殺されたとしておけばいいかな、という感じです。

<過去>
中国政府
中国国内の情勢が不安定なので、日本を敵国にしようと思います。でも、日本が敵だとするには、日本がとっても悪い残虐な国で、中国人に悪いことをしたということにしないといけません。
ということで、中国で大虐殺が行われたという嘘を発表します。証拠もないので嘘か本当かもわかりません。そうすれば、中国国民は、政府に反発せずに、反日行動に出ます。政府は安泰です。
「多分これくらいの人が殺されたよね。」
「いやそれだけじゃ少ないよ。それじゃ大虐殺とはいえないよ。やっぱ10万人以上にしないとだれも日本を恨まないよ。」
「そうだね。じゃあ20万人虐殺されたということにしようか」(初めは30万人ではありません。)
「そうしよう、そうしよう」(中国政府の打合せ想定)

日本政府
「殺すわけねぇじゃん、まあ、中国政府が自国内に言ってるだけだから、気にしないもんね。」
「いいさ、いいさ、勝手しちゃって」

<現在>
ドイツで、中国政府は発表
「南京で30万人虐殺したひどい国は、日本だ、ナチスだ。謝罪と賠償を請求する。未来永劫だ。」
欧米諸国
「えー、日本てそんなに残虐な行為をしたのか、知らんかったなぁ。中国ってかわいそう。同情するわ。」

日本政府
「しまった、あのときもっと抗議しとけばよかった。だって、証拠もないのに、なんで30万人も殺せるんだよ。原発だって10万人だぞ。30万人殺すに何年かかるんだよ。東京ドームにいっぱい集めて4万5千人だぞ。東京ドーム7個分の人数を何処に集めたんだ。」
>いまここです。

東京ドームは4.7ヘクタール、約46,755平方メートルの広さだそうです。216.2メートル四方のサイズになります。

20万、30万人という数字は、当時の人口から推測したに過ぎず、実際に死体の数から割り出した数字ではありません。そもそも広大な中国で、文字を読めないかけない、民族が多民族の中国でしっかりした戸籍があるはずがないのです。人口がどれくらいかは、推測でしかありません。百人いたら千人くらい、千人いたら一万人くらいと数えていたかもしれないアバウトな時代です。
実際に南京での殺害は、中国人の犯行というのがもっぱらの真相です。(旧日本軍の仕業にした罠)

中国と韓国はありもしない嘘を世界に向けて堂々と発信し、嘘を世界に広めているのに、誰からも責められていません。世界からもその自国内からも。

これはとてもうらやましい国家です。嘘を平気でついても愛国無罪がまかり通ってしまうのです。
このような国と正常に国交が開けているのかとても疑問に思います。

アメリカも先住民のインディアンを大量に虐殺してきました。アメリカがイギリスの植民地だった頃、イギリスから移民してきた人たちが、先住民の土地を奪ったのです。インディアンが土地を奪いに来た移民に腹をたてるのは当たり前です。もともとインディアンの土地をイギリスからきた移民(現在のアメリカ人)が強引に奪い、インディアンを殺害したのです。しかも、インディアンに土地を返す約束を反故しています。だから、アメリカも虐殺については他国にどうこう言えません。
そのため、アメリカが中国の虐殺について述べれば、アメリカ国内のインディアンの虐殺問題が再燃しかねないので、静観しています。

東京ドーム7個分の広さとは、

東京ドーム7個分の敷地とすれば、
東京ドームは4.7ヘクタール、約46,755平方メートルの広さだそうです。216.2メートル四方のサイズになるので、7倍して、約1.5km四方の場所に、30万人を押し込める必要があります。
(東京ドームのプレイグラウンドを使えば、もっと人が入りますが、余裕を持って人を配置したと仮定します。)

大型の観光バスが50人座れます。全員を立たせて、何時間も運ぶのは無理と考えると1台に50人を乗せたとして、30万人を運ぶのに、延べ6000台の軍用バスが必要になります。
これは、30万人を運ぶためだけに必要な数です。他にも30万人を確実に殺害するのに武器弾薬、火薬も必要になります。当然、兵隊も必要になります。

仮に、南京を侵略しながらすすんでいけば、住民は逃げていくので、それを追いかけてわざわざ殺すほど旧日本兵は暇だったのでしょうか?
中国軍の兵隊なら、追いかけて倒したでしょうが、庶民をわざわざ殺すとは思えません。

日中戦争は1937年(昭和12年)から1945年です。
ちなみに、満州事変での戦死者は、
日本側死者174,負傷504。中国側死者1千数百人、負傷1千人以上だそうです。
双方合わせても、約3千人以下です。

1931年9月18日、奉天郊外柳条湖で満鉄爆破後から、11月18日までの分のようです。
詳しくはこちら、
満州事変での日中の戦死者などの損害は

金の亡者、嘘のテロ行為

結局のところ、中国と韓国が求めるのは金です。
日本から金を取ることが目的です。
韓国の場合は、従軍慰安婦問題の解決のために、誠意という金を要求します。中国の場合は、ODAで金を要求します。日本は、嘘のテロ行為を容認してはならないのです。

国家が金をせびる乞食行為を平然とするようなそして、嘘を言いふらしつつも、日本を避難する中国・韓国と、日本はこれからも友好的にやっていけるのか非常に疑問です。
というより、中国と韓国との国交は不要です。

嘘を発表しても平気な精神性と嘘のテロ行為は、友人として国家として無理だと思います。

中国主席「南京で30万人虐殺」 日本名指し批判、独で講演
「ドイツ訪問中の中国の習近平国家主席は28日、ベルリンで講演を行い、日中戦争時に旧日本軍が南京を占領した際に起きた南京大虐殺に言及し「日本は30万人以上を虐殺した」と強調した。」

北朝鮮がマシに見える

 中国と韓国をみていると、核を作って、ミサイルのテストを繰り返すだけの北朝鮮のほうがマシに見えます。北朝鮮は、靖國神社参拝について文句も言いませんし、南京大虐殺もありませんし、従軍慰安婦問題もありませんから、日本から金をせびることがありません。唯一の問題が拉致だけです。
北朝鮮と一緒に中国と韓国に対抗したほうがマシなような気がします。アメリカは金だけ持って行って何もしてくれません。

日本は、アメリカに操作されてはならないのです。しっかりしないと、そのうち日本は、アメリカの属州になってしまいます。かつてのハワイと同じ道を歩むのです。

ウクライナ問題

米ロ、ウクライナ問題、お互いのメンツを保ちつつ収束する

ウクライナ問題は、米ロとも戦争をする気はありません。ただ、双方とも収束の時期、タイミングと収束の条件をどうするか調整中(駆け引き)でしょう。

折り合いをつけるとすれば、
ロシア軍はこれ以上進行しない。他国に攻め入ることはしない。
エネルギーの供給は正常に行う。
ロシアへの制裁を停止する。
国連の非難を取り消してもらう

アメリカ、オバマの立場

アメリカは世界の警察のメンツを守りたい。黙ってみているとアメリカ国内、欧州からオバマ大統領は弱腰と見られてしまい、中間選挙で民主党が困る。
ウクライナ周辺に軍隊を派遣するが、戦争を始めたくない。
戦争を始めない理由は、先制攻撃は世界から避難されてしまう。戦争する場合は、ロシアが先制攻撃を仕掛けないとはじめられない。アメリカは侵略戦争はしない。あくまでも正義の戦争をするというプライドがある。
アメリカはリーダーシップがあることを示したい。

ロシア、プーチンの立場

ロシアはウクライナの全部がほしいわけではなく、クリミア半島があればよい。
クリミア半島の軍部をロシアが掌握する。
必要なモノが得られれば、多少の非難は気にしない。
戦争を起こす気はない。
ロシアは世界の敵ではない。

過去の記事、国連で、ウクライナのクリミア併合を無効と採択して、ロシアに制裁するのか?|

米ロ首脳、外相会談開催で合意 電話協議
「オバマ米大統領は28日、ロシアのプーチン大統領とウクライナ情勢の平和的な解決策をめぐり電話で協議し、ウクライナ国境付近へのロシア軍配備を含む挑発行動をやめ、部隊を撤収させるよう求めた。」
「両首脳は来週、米ロ外相会談を開催することで合意」

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 時事ネタ、政策、法律 タグ: , , , パーマリンク