海外ニュース見出し、臓器提供を受けた女性の体で生きる死んだ息子の心臓の鼓動を聞く母親|日本の閣僚が議論中の神社に訪問、日本の閣僚、国会議員は靖国神社をもっと訪問すべき

海外のニュース

臓器提供を受けた女性の体で生きる死んだ息子の心臓の鼓動を聞く母親

Mother hears son’s heart beat inside woman he saved
シェリー・ランスさんは病院を訪れました。
彼女は20歳の息子ステファンさんが動脈瘤で死んだ時以来の病院の訪問でした。

死んだステファンさんは、免許証に臓器を提供するとサインをしていました。
そこで、33才の女性にステファンさんの心臓が提供されることになりました。

ステファンさんは、闘病生活の中で日記をつけていて、
「臓器提供を受けた家族へ、僕の臓器を移植してくれたことで、私の母に命が素晴らしい物であるという贈り物をすることができて感謝します(意訳)。でも僕と弟のジョナサンにとってはつらいことです。」
(原文:”Thank you so much for the gift of life that you gave to my mom. It’s been hard on me and my little brother Jonathan.”)

そして、シャリーさんは、死んだ息子の心臓を移植した女性の心臓の鼓動を聞き、息子が生きているようだと話しました。

日本の閣僚が議論中の神社に訪問、日本の閣僚、国会議員は靖国神社をもっと訪問すべき

>アメリカのニュースサイトにも、日本の閣僚が戦争犯罪人を含む戦死者への弔いをしたと記載されています。
また、かつてオバマ大統領がわざわざ韓国との和解のために会議を用意したと記載されています。オバマ大統領がいないとアジアはまとまらないとでも言いたげな印象を受けました。(民主党のオバマ大統領だから、今のアジアはまとまっていないはずなのに。)

全部を詳しく読んでいませんが、韓国が日本に対して、硬直した態度をとっているといった韓国がもともと悪いという認識の記載がありません。日本はもう少し海外に対して、韓国が日本からの協調路線を受け入れていないというアピールをしなくてはなりません。

日本の閣僚、国会議員は靖国神社をもっと訪問すべきです。神社を訪問して戦争になるのか見てみたい。
キリスト教信者が、教会に行けば、イスラム教徒が戦争をするとでも言うのでしょうか。そんな馬鹿なことは言わないでしょう。

中国と韓国は、地球人ではないので、国際社会の常識は通用しません。

Japanese Cabinet minister visits controversial shrine to war dead

「A Japanese Cabinet minister on Sunday visited a Tokyo shrine that honors the dead, including war criminals, a gesture that has repeatedly caused friction with Japan’s neighbors.」


CITIZEN 【8RZ103‐003】シチズン マンスリーカレンダー電波目覚まし時計シチズン.
忙しさのあまり、サラリーマンは今日が何日か一瞬わからなくなる時があります。疲れがたまっている証拠ですが、きちんと認識するのにカレンダーは大事です。
●電波時計(2局自動選択受信)●電子音アラーム・スヌーズ機能●ライト付●マンスリーカレンダー・六曜・温度・湿度表示●カウントアップ・カウントダウン表示機能●単3アルカリ乾電池2本付(モニター電池)


プーマPUMA クルトガシャープペン
0.5mm芯
芯が回ってトガり続ける機能付きなので、
書き続けても線が太らない!細かい文字も書きやすい!

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 パーマリンク