海外ニュース見出し、The Other Womanでキャメロン・ディアスと共演した美人で巨乳のモデル、ケイト・アプトンさんのインタビュー動画|日本政府の外交は幼稚で口だけ、小学生の「先生に言いつけてやる」と同じレベル

ハリウッドニュース

The Other Womanでキャメロン・ディアスと共演した美人で巨乳のモデル、ケイト・アプトンさんのインタビュー動画

>普段の雰囲気は、ハデハデしさはない感じのケイト・アプトンさんです。今回の映画出演が最初だったそうでとても楽しく興奮した毎日だったそうです。
ちなみに動画には、ケイト・アプトンさんの魅力的な水着姿はありません。

画像
The_Other_Woman_Interview_-_Kate_Upton__2014__-_Cameron_Diaz_Comedy_HD_-_YouTube

The Other Woman Interview – Kate Upton (2014)

(勝手な意訳)
初めての映画出演でとっても運が良かったわ。スタッフもとっても最高
The Other Womanは、私にとっては、友情を育むものだと思います。

日本のニュース

日本政府の外交は幼稚で口だけ、小学生の「先生に言いつけてやる」と同じレベル

>検討などと言って相手の出方を伺う前に、すぐに実行に移すべき。
そうすれば、相手も対応を考えて行動する。
日本の対応が、「検討」ありきで及び腰なのを中国や韓国は知っているのだから、たまには違うことを日本政府はしてほしい。
2手3手先を読んでもらいたい。
 これでは、海外で活躍する企業や個人が、トラブルを抱えるだけです。鎖国時代と違って国際社会で日本が活躍しなくてはならないのに、相手のことを思いやってる時間はありません。

「やり過ぎだ」 政府、国際司法裁判所提訴を検討

「政府は「日中間の請求権の問題は、日中共同声明後、存在していない」(菅義偉(すが・よしひで)官房長官)との立場。しかし、中国司法当局が戦時中の「強制連行」をめぐる対日訴訟で3月に訴状を受理して以降、今回の案件で差し押さえに踏み切る可能性もあるとみて、早くからICJへの提訴を含む対応を検討していた。」

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク