海外ニュース見出し、アップルWWDC 2014 開催されたけど、大きな目玉なしの発表(iPhone 6無し)、新しい開発言語、swift

アップル

アップルWWDC 2014 開催されたけど、大きな目玉なしの発表(iPhone 6無し)、新しい開発言語、swift

WWDC2014が6月2日(日本は3日深夜)に開催されました。
当初は、アイウォッチやアイフォン6が発表されるかと噂されていましたが、iOS8とOSXの発表があった程度でした。
秋にアイフォン6の発表という予定ですね。

以下、WWDC2014の発表内容をあっさりと紹介します。詳しくは関連サイトを御覧ください。
あまり目玉がないので、あっさりになってます。

OS X

主な特徴をあっさりと紹介 Yosemite
コードネームはヨセミテになりました。
特に、電話をかけることや通知についての機能アップみたいで、電話をあまりかけない私にとってはどうでも良い機能です。
アイフォンとOSXの連携が強化されました。マックからアイフォンで電話をかけることも可能になって、わざわざアイフォンを取り出さなくてもOK。

iOS

秋にiOS 8になります。とうとう8です。私のアイフォン4(現在
iOS6)はもうiOS8に対応しません。iOS7にしようか迷っていてそのままOS6のままで終わりそうです。
フラットデザインのボタンを廃止して欲しいのですが、このまま継続みたいです。

新しい開発言語、swift objective-C を踏襲したJAVASCRIPTのような言語が登場しました。JavaScriptのような感じでプログラムを作れるようです。しかもobjective-Cとの混在も可能みたいです。いわゆるC++とCが混在できるような感じですね。
iOSともOSXどちらのアプリも作成可能みたいです。

Welcome to Swift

Using Swift with Cocoa and Objective-C

関連サイト

Appleが「iOS 8」を発表――iOS 7からココが変わった

「メールをやり取りする相手や文脈、これまで入力した内容などから、次に入力する単語を予測してくれる機能を搭載した。友だちとのメールならフランクな言葉、上司とのメールならフォーマルな言葉を変換してくれるという。英語や日本語で利用可能だ。ユーザーが過去に入力した単語のデータは端末内にのみ保存され、外部に漏れることはない。」

「OS X Yosemite」と「iOS 8」を正式発表

「さらに、OS X Yosemiteでは、iOSとの連携が強化されており、ファイルの送受信機能「Air Drop」がiOSとMac OS間で利用できるようになる。またMac上での作業をiPadやiPhoneで引き継げる、あるいは逆にiPhone上で行っていた作業をMacで送れる「Continuity」、MacからiPhoneで電話をかけ、スピーカーフォンで通話する機能などが提供されるという。OS X Yosemiteは、秋に無償で配布予定だが、パブリックβプログラムとして、事前にβ版を体験する機会も提供する。」

前回の記事,iPhone5s,iPhone6の発売はいつ? WWDC2013の発表メモ、MacPro(開発者向けのマック)は電気ポットみたい

高級菓子、仏蘭西焼菓子調進所 足立音衛門の栗のテリーヌ「天」木箱包装|桐葉菓(とうようか)|ヒバゴンのたまご12個入り|江戸祭 人形焼 8箱|パスコ おみやげなごやん|豊福芋

iPhone5対応 シリコンケース ミッキー|iPhone5c クリアケース (無地/デコ用) スマホケース|無線ワイヤレス マイク付カナル型イヤホン ハンズフリー通話

アレルギー性鼻炎にホノビエン錠 deux(ドゥー) 300錠|肉体疲労に新ヘパリーゼプラス 300錠|カルシウム摂取に新カルシチュウD3 100錠 ヨーグルト風味

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク