海外ニュース見出し、パイプカットが前立腺がんに影響を及ぼすのか?|父子関係を取り消したい父親と父子関係でありたい父親に対するそれぞれの最高裁の判断

健康、病気

パイプカットが前立腺がんに影響を及ぼすのか?

>コンドームをしても避妊は100%ではありませんから、パイプカットをして男性の避妊をすることもあるでしょう。
パイプカットをする前に、精子を冷凍保存しておく人もいるそうです。これは、もし、パイプカットをした後に、気が変わって子供がほしい時のために保存しておくためだそうです。なお、パイプカットをしても性行為はできるそうです。
また、精神的、肉体的に女性っぽくなることもないそうです。

Vasectomies linked with prostate cancer risk

パイプカットを経験した男性は、致命的な前立腺がんのリスクが上昇するかもしれないと、新しい研究が発表されました。
研究者は24年以上にわたり、5万人近くを調査し、パイプカットをした男性がそうでない人よりも約20%多く前立腺がんになると診断されたのを発見しました。

研究者はこの増加分は控えめな数字といい、より多くの調査が必要と考えています。

この結果からすぐに、パイプカットをやめるべきとは考えていません。絶対的なリスクが増加するとは限りません。しかし、なにか因果関係そこにはあるように思われます。

癌のリスク

アメリカ人の15%が男性の避妊として、パイプカットを施しています。
過去の研究でパイプカットと前立腺がんとの関係が発表されましたが、公表されていません。それは、がんの検査をした人の中にパイプカットをした人が含まれていたからという理由です。

そして、2002年のニュージランドで行われた調査では、パイプカットをした男性の前立腺がんの増加は発見されませんでした。

そこで、1986年から2010年にわたり調査を実施しました。24年以上で6023人、1000人中16人が前立腺がんだとお分かりました。
そして、結果として、パイプカットをした男性がそうでない人よりも約20%多く前立腺がんになることがわかりました。

(以下略)

裁判

父子関係を取り消したい父親と父子関係でありたい父親に対するそれぞれの最高裁の判断

>人ごとなので、面白い裁判だと見てしまいますが、客観的に見ると、血縁が無いから父子では無いとする人もいれば、血縁がなくとも愛情を持って育てた我が子として父子関係を保ちたいとする人。

血縁がなくとも養子として家族関係を築くことはできるので、血縁が0だから父子関係がないとはいえないでしょう。一方の父親は、母親の行動を許せず、自分の遺伝子のない子供を自分の子供して認めたくないということでしょう。
北海道の人は、自分の遺伝子を持っていなくとも、愛情が湧いて、自分の子供であると思いたいのでしょう。

このような訴訟の原因は、母親の側にきちんとした相手がいるかどうかというのも興味のある裁判です。もしこれが、母親に頼る相手がいなければ違った結果になると思います。

DNAで親子関係を法律で認めるようになると、現実的に、本来の血縁のない家族はいるでしょうから、法律上は、
「妻が結婚中に妊娠した子は夫の子と推定する」と定めた民法772条の条文をそのまま受け取るしかないのでしょう。

人間は秘密の方がみんな幸せであり、全てを知っている必要はないといわれます。

四国の訴訟

結婚中に妻が産んだ子2人との血縁関係が「0%」なので、父子関係を取り消したい

判決
父子関係は取り消せない

近畿の訴訟

別居中の夫婦の争い

判決

北海道の訴訟

母親が不倫してできた娘と認識して大事に育てながら、離れ離れになった父親が父子関係を求めた訴訟
夫婦は離婚し、母子は遺伝的父親と再婚している。

判決
父子関係は取り消せない

DNA型訴訟 最高裁、3対2の僅差 「父子とは」立法議論求める意見

「生物学上の父が判明している北海道、関西訴訟のようなケースでは、子は「2人の父」を持つことになる。法律上の父子は互いに扶養義務を負う。父は面会交流などを求める権利を得るほか、子も相続権を持つため、相続トラブルに巻き込まれる可能性もある。」

—-

天然ハーブの虫よけパール60日クールミント200g アース製薬|虫器専用 パワー森林香 (赤函) 30巻入|アジアン風のデザインの蚊やり!クレマチス|虫こないアース あみ戸に貼るだけ

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク