海外ニュース見出し、スーパーナチュラル、シーズン10、悪魔のディーンは10月7日放送|外国人に生活保護不要、あたりまえ|狙われたマレーシア航空機、行方不明、ミサイル撃墜、次は?7701

海外ドラマ

スーパーナチュラル、シーズン10、悪魔のディーンは10月7日

>海外ではスーパーナチュラルのようなバンパイア、悪魔、ゾンビ系の超常現象系のドラマが人気です。日本では幽霊が登場する映画くらいです。アメリカでは科学で証明できない部分になにか興味を示している感じがします。日本では漫画の世界では妖怪、悪魔や幽霊のキャラクターが登場する話はありますが、ドラマは少ない感じがします。
バンパイアや悪魔になるとどうしても血や肉体など血なまぐさいシーンが登場しそうで、時間帯に合わないのかもしれません。
特に、ボーンみたいな死体検証ドラマはもっとダメですね。グロすぎます。

Supernatural: A “Different” Demon Dean and No Series End in Sight

スーパーナチュラルが戻ってくるとき、元気な悪魔のディーンを期待しましょう。
スーパーナチュラルシーズン10は、10月7日火曜日に放送される予定であり、兄ディーン・ウィンチェスター(短髪が似合います ジェンセン・アクレス)が最も憎む悪魔に自分がなってしまいました。

エグゼクティブプロデューサーのジェレミー・カーバーは一話以上悪魔のディーンを見ることになり、みなさんが思っている以上に違った悪魔のディーンを見ることになるでしょうと話しました。

また彼は、狼男、悪魔、天使、幽霊の登場についても期待してほしいと話しました。新しいキャラクターについては、弟のサム(ジャレド・パダレッキ、身長194cmの長身です。)が兄のためにハントを続けている間、兄弟に複雑な関係を起こさせる神秘的なキャラクターが登場するでしょうと話します。

天使のキャスティエル(ミーシャ・コリンズ)については、彼は非常に良い天使だが、とても弱体化した天使になります。彼の恩寵は減少し、彼が恩寵を使わなければ、彼は死の危険にさらされています。

このシリーズでは、記念すべきシーズン10と200話があり、悪魔のハンティング番組が継続するのをファンがどれほど長く、
期待しているのか関心があります。プロデューサーのカーバーは心配していません。

彼は、
「すべてが戦争になるのは好みません。しかし、誰もがやめることはできません。話すにたる物語があります。私達はこのストーリーを作りたいのです。」

前回の記事スーパーナチュラル、シーズン10でマーク・シェパードが戻ってくる

国内

外国人に生活保護不要、あたりまえ

>大分市役所、良い仕事をしました。
日本国籍を持つ人にだけ、大事な税金と生活保護法は適切に処理されるべきです。外国人が日本の生活保護費を受給するのはおかしいでしょう。正しい判決が出されて安心します。これは差別ではありません。差別と平等は異なります。法律で定められているものです。保護を受けたいなら、母国に帰ればよいだけです。

日本人で、まじめに働いても、生活保護費よりも低い賃金で働いている人もいます。そんな人でも生活保護を受けようとしません。それなのに健康で働けるのに、生活保護をもらおうとしている輩がいます。きちんともらって良い人なのかどうかを役所は的確に判断してほしいものです。

生活保護法、外国人は適用外=初判断示す、原告敗訴―最高裁

「生活保護申請を却下した大分市の処分は違法として、永住資格を持つ中国籍の女性(82)が、市に処分取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は18日、外国人には生活保護法は適用されないとの初判断を示した。」

海外の事件

狙われたマレーシア航空機、行方不明機、ミサイル撃墜機、次は?

世界は冷静に見守る

第三次世界大戦かロシアとウクライナ、NATOと戦争が勃発かとおもいきやなにげに世界は冷静、慌てているのは株市場だけです。

戦争と無関係の民間航空機をミサイルで撃墜したわけですから、その飛行機の所属する会社の国家が、ミサイルで撃墜した国に報復することはありえます。

前回の事故もクアラルンプールから北京に向かっていた旅客機はマレーシアの旅客機であり、行方不明でした(各国の操作も虚しく海底に沈んだものとみなされています。)。
マレーシア航空機が狙われる条件になにか共通点があるのでしょうか?
飛行機の墜落事故は、ミサイルや戦争で撃墜されることを除けば、確か、自動車事故に合う確率よりも非常に少ないはずです。しかし、一度飛行機事故が発生してしまうとその被害者は交通事故の数十倍、数百倍になります。そのため、飛行機は非常に安全な乗り物となるように設計、運行されています。
しかし、今回は、ミサイルによる攻撃によって、被害者が多く出てしまいました。

ロシアとアメリカの動きは

ニュース記事を見る限り、ロシアのプーチン大統領はミサイル発射したことを非難し、オバマ大統領はロシアを非難し、経済制裁の動き(あくまでもアメリカ内の取引に限定されているので、どれほどの影響があるか、非常に小さいものと考えられます。
)を強めようとしています。
 オバマ大統領は軍事行動を嫌っており、できるだけ平和的、経済的な解決を狙っているようです。そのため軍事行動をじさない相手にとっては非常に組みやすく、たやすい相手になっています。目に目をではありませんが、軍事行動を取らなければならない時が来るでしょう。

「親ロ派が撃墜」と当初報道=マレーシア機墜落でロシア・メディア
「マレーシア航空機の墜落直後に「親ロ派が軍のAN26輸送機を撃墜したと語った」と報じ、すぐに記事を削除した。」

マレーシア航空機、地対空ミサイルで撃墜か ウクライナ東部

「マレーシア航空のアムステルダム発クアラルンプール行きボーイング777型機が17日、ウクライナ東部で墜落した。同機には乗員乗客298人が乗っていた。ウクライナ政府は「テロリスト」が同機を撃墜したと非難している。」
「ウクライナ政府は、親ロシア派の武装勢力が同機を撃墜したと断言している。」

「マレーシア航空によると、乗客283人の内訳は、オランダ人154人、マレーシア人28人、オーストラリア人27人、インドネシア人12人、英国人9人、ドイツ人4人、ベルギー人4人、フィリピン人3人、カナダ人1人。残る乗客の国籍については確認作業を進めている。乗員15人は全員がマレーシア国籍だった。」

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: スーパーナチュラル シーズン10, 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク