パーソン・オブ・インタレスト、シーズン4に期待する8項目

海外ドラマニュース

パーソン・オブ・インタレスト、シーズン4に期待する8項目

日本ではようやくパーソン・オブ・インタレストのシーズン3が10月22日からレンタル開始です。

(以下は和訳で間違っているところがあります。たぶん)
8 Things to Expect from Person of Interest’s Fourth Season

メールや携帯電話などの盗聴により危険が迫った人を助けるドマラであるパーソン・オブ・インタレスト、シーズン4が始まりました(アメリカでは)。我々のヒーローは事情が変化しても大きく変わっていません。

元CIAのリース(ジム・カビーゼル)、元天才プログラマーのフィンチ(ミハエル・エマーソン)とショー(サラ・シャヒ)たちはサマリア人たちの目をかわすために新しい身分で過ごしています。でも、再び元の状態に戻る日はそう長くありません。

でもリースとフィンチはどうやって元の環境を取り戻すのでしょうか?そして、彼らの協力者たちも元の仕事に戻れるのでしょうか?彼らはなぜ、ゲスト俳優のカーラ・ブエノを恐れるのでしょうか?

シーズン4に期待する8項目

  1. チームの一日は理想的ではない
    フィンチは教授のように穏やかに見ますが内心は、半分空席の教室と部長に苦しめられています。ショーはブルーミングデールズで香水を売ることが退屈になっていて、リースは彼のスキルを活かせる仕事にありついていても充実していません。

  2. 根性がある
    リースとショーはかつて世界を救おうと危険なことでも実行しました。ある存在が人々を監視し、危険が迫った時にいくつかの番号が出力された時にどうやって探しだすのか?図書館は無くなり、聖地はないとフィンチは言います。私達が進む方向はゲリラの戦法みたいなものです。

  3. 協力しないわけではない
    フィンチは事務所で生存者の数を数え、彼とチームメートは事件を解明しようとしています。フィンチは自分が作ったものがなす事ことをより理解しようとしています。

  4. ルート(エイミー・アッカー)は答えを探そうとしている
  5. ルートはショーを監視し、フィンチの元を訪れます。ルートは直感的にこれが冷戦であると理解します。このシーズンではルートはマシーンとの関係は難しいものであり、彼らがしようとすることを理解しようとします。彼女は好戦的なリースとショーの仲介役となり、2つの存在の架け橋となろうとします。リースとショーがすることを受け入れてハロルド・フィンチを捕まえようとします。

  6. マシーンはどこに
  7. ファスコにも変化が
  8. ファスコはサマリア人の暗殺リストにのっていませんがリースに協力します。そしてファスコが新しいボスになろうとしています。それぞれが違ったエリアに向かい、何人かが興味深い方法で衝突します。

  9. マシーンの戦争
  10. 彼らはカーラに注意すべき
  11. カーラはリースとフィンチにとって恐ろしい相手になります。

前回の記事、パーソン・オブ・インタレスト、シーズン3ネタバレ、ファスコ刑事の節目

関連記事

    「スポンサーリンク」


    ツイートツイート
    カテゴリー: パーソン・オブ・インタレスト シーズン4 タグ: , パーマリンク