メンタリスト、シーズン5、あらすじ感想ネタバレ、レッドジョンの手がかり

メンタリスト、シーズン5、あらすじ感想ネタバレ、レッドジョンの手がかり

メンタリスト、シーズン5のあらすじ、ネタバレを含みます。ドラマをご覧になっていない方はご注意ください。一部キャストの名前を間違っていることがあります。

メンタリスト、シーズン5Disc1、あらすじ感想ネタバレ、ジェーンの娘

消えたレッドジョンの手がかり

レッドジョンの共犯者とみられるローレライ・マーティンズを逮捕した。
ジェーンはローレライと話し、レッドジョンに関する情報を聞き出そうとする。そして、レッドジョンについての秘密を聞き出す代わりに彼女を脱走させようとする。
その話を盗聴していたりズボンは怒る。

CBIからFBIへローレライが移送された。ジェーンはFBIにレッドジョンの仲間がいて彼女の命が危ないと感じ、裁判所にCBIへの転送を願う。
本来はFBIが彼女の身柄を確保するはずだったが、ジェーンの巧みな罠にFBI捜査官がハマってしまい、ローレライはCBIへ移管されることとなった。

しかし、刑務所にローレライの身柄を引き取りに行くと別人にすり替わっていた。
これでレッドジョンの手がかりが消えてしまった。

幻覚の中の少女

宝石店主が被害者だった。
ジェーンが現場に訪れ、勝手に紅茶を飲んだ。すると、彼はカップを落として倒れこみ発作が起きた。お茶は幻覚を引き起こす毒だった。

幻覚の中で、うさぎを追いかけ、ある庭園につくと15,6歳くらいの可愛らしい少女がジェーンに話しかけてきた。
彼女は、ジェーンの娘だという。
ジェーンの娘はレッドジョンに殺されたはず。生きているはずはない。ジェーンはこれが幻覚だと知る。

現実のジェーンは病院に運ばれる。しかし、まだ、幻覚が続いていた。ジェーンの娘シャーロット、幻覚ではあるが、ジェーンに似てちょっと生意気だった。でもそこが可愛らしくもあると思ったジェーンだった。もし娘が生きていればこんなかんじで毎日を生活をしていたかもしれないとジェーンは思った。

病院から抜け出すジェーン。まだ幻覚は残っていて、見えるはずのない娘シャーロットがいる。リズボンに見つかり、一緒に宝石店の工房へ向かう。工房に到着し室内を捜索する。まだ娘と話す。
娘は
「レッドジョンなんか、どうでもいい」
と話す。妻と娘のためにいまでもレッドジョンを探しているジェーンにとってはちょっとショックだった。

そして、宝石店のダイヤが見つかり、犯人も逮捕された。犯人はジェーンが飲んだ毒のお茶を宝石店主に飲ませていたのだった。

メンタリスト、シーズン5Disc2、あらすじ感想ネタバレ

パート1

銀行強盗事件が発生した。犯人は逃亡し、一人犠牲者がでた。それは銀行員だった。
CBIは当初、この犠牲者を殺害したのは、銀行強盗犯グループだと思っていたが、ジェーンの推理により他の人間が銀行員を殺害したのだった。
そして、この銀行強盗グループに内通者がいた。

パート2

リグズビー(図体のでかい刑事)の父親が何者かに銃で撃たれ、病院に搬送された。
そして病院から抜け出し、酒場にいるのをリズズビーに見つかった。そして話をしてその後亡くなった。
2つのギャンググループが抗争を繰り広げていた。おそらく、このグループの中に犯人が含まれているはずだった。
ジェーンはギャンググループのリーダーたちをうまく会合に出席させて、犯人をあぶりだそうとした。
そして、リズズビーはこの犯人を射殺した。当局は、リズズビーが報復のために犯人を撃ったと判断し事情を聴取した。正当防衛としてお咎め無しだったが、調査を担当した刑事はこれがジェーンの巧みな作戦だと感付き、ジェーンに
嫌味を言い放つのだった。

(今回のストーリーにレッドジョンに関係するシーンはありませんでした。)

メンタリスト、シーズン5Disc3、あらすじ感想ネタバレ、ジェーン、CBIに参加(過去の話)

ジェーン、コンサルタントになる

ジェーンがCBIのコンサルタントになるころの経緯。

ジェーンはCBIを訪れ、レッドジョンの捜査がどうなっているのかリズボンに(まだ初対面)質問する。
しかし、相手にしてもらえない。

そこで、ジェーンはわざと男性刑事を怒らせ、自分に喧嘩をふっかけるように仕向け、殴らせる。殴られたジェーンは床に倒れ鼻血を出す。
リズボンとその上司は事を荒立てたくなくて、ジェーンにレッドジョンの資料を見せて和解しようとする。

他の捜査が忙しいため、ジェーンがリズボンに同行して捜査をしつつレッドジョンに関する質問に答える。

ジェーンはいわゆるサイキック能力(ペテンではあるが)があると言われていた。
ジェーンは捜査に支障がない範囲で捜査のアドバイスをする。そのアドバイスは的を射ていた。

捜査は行き詰っていた。
リズボンは、ジェーンに誰が犯人なのか見分けるようにお願いする。最初は嫌がっていたジェーンだったが、しぶしぶ犯人探しを手伝う。

ジェーンは自分がサイキックではないと言いつつもカードのトリックを使って犯人を割り出した。
その点が評価されて、ジェーンはCBIのコンサルタントとして捜査に参加することになった。

ローレライ・マーティンを逃したレッドジョンの協力者を探すジェーン

誘拐事件が発生した。
しかし、この誘拐は偽装であり、誘拐された者が犯人だった。

ジェーンはローレライ・マーティンを逃したレッドジョンの協力者を探す。
ジェーンは護送車を運転した男と話した。この男はある人物に弱みを握られていて、指示に従わなければ、ばらすと脅されていた。
その男は、FBIのネモという人物から指示を受けたという。

レッドジョンのつながりはまだわからない。

メンタリスト、シーズン5Disc4、あらすじ感想ネタバレ、レッドジョンの手がかり

圧力

ブレーキが故障した自動車が崖から落ちる自動車事故が起こった。自動車が落ちた時まだ生存者がいたが何者かが、その生存者を亡き者とした。
犠牲者はテレビのレポーターで、同僚のテレビのキャスターがいたずらで自動車のブレーキに細工をしたことがわかった。しかし、本当の黒幕的人物トミーボルカがいたのだが、証拠がなく逮捕できなかった。
そこへ国土安全保障省からの見えない圧力が加わる

レッドジョンの正体への手がかりが見つかる

ジェーンはローレライを探していた。そして宗教団体教祖のスタイルスにあることを依頼する。
ローレライは刑務所から本来取るべき手続きとは異なる方法で出所した。たぶんスタイルスによる仕業だった。ローレライはそれがレッドジョンによる手配だと思っていたが、実はジェーンだった。
ジェーンはローレライを連れて海へ向かう。

その頃、リズボンはジェーンを探していた。壊されたジェーンの車が発見され(実はジェーンが仕組んだ偽装)、CBIはジェーンがローレライに誘拐されたと判断した。
ジェーンはローレライにレッドジョンに関する情報を聞くが彼女は何も答えない。しかし、ローレライは、ジェーンとレッドジョンが似ていると話す。
そして、
二人が会った時に親友にならなかったのが不思議だと話す。

その後、二人は、ローレライの他界した妹のロッジに行き別れた。ジェーンは車を事故にみせかけてローレライが逃げたようにCBIに思わせた。
リズボンはジェーンが仕組んだ事件だと思っているが確証がなく、ジェーンもそのつもりだった。
しかし、大きな収穫があった。

ジェーンとレッドジョンは面識があるということになる。
少なくともジェーンは自分が知っている人物がレッドジョンだということがわかった。

メンタリスト、シーズン5Disc5、あらすじ感想ネタバレ、 レッドジョンリストをつくる

今回のDiscにレッドジョンにつながるシーンはありませんでした。

ゴルフ場で被害者

不動産斡旋会社に務める男性がゴルフ場で死んでいた。容疑者として3人が浮かんだ。その三人と被害者は以前に狩りをしていて、間違って人間に向けて発砲してしまった。そのことを隠していたが、被害者の男性が自首すると三人に話し、三人が計画を実行した。

ジェーンはこれまでに自分が会った人物のリストを作成している。これまでに会った人間の中にレッドジョンがいる。いったいレッドジョンは誰なのか?

ある植物をめぐる争い

ロッククライミング場で射殺された男性が発見された。
その被害者は、ある植物を育てる仕事をしていた。その植物の新しい品種が改良されその種は裏の世界ではとても高値で取引されるものだった。ジェーンはおとり捜査によって犯人を突き止める。

メンタリスト、シーズン5Disc6、あらすじ感想ネタバレ、 

(レッドジョンに関する情報はありませんでした。)

モデルの女性が犠牲者だった。被害者は薬の依存により入院していた。
(24のクロエ・オブライエンがマーガレット役で登場しています。ただし、声優は別人です。ちょっとがっかり。)
ボルカーの実行犯は口封じにあってしまった。逮捕令状をようやくとったのにそれが無駄になったリズボーンだった。

ボルカーが命じた口封じの場所に少年が遊んでいて目撃者になった。
目撃者は始末される。
しかし、少年はまだ生きていた。それを知ったボルカーは手下に、口封じを命じるが子供に手をかけるのを嫌がった部下は去っていく。
仕方なくボルカーは自ら少年を探しだすが、リズボーンがそれを食い止める。
少年は母親と再開する

メンタリスト、シーズン5Disc7、あらすじ感想ネタバレ、25年前に起きた事件、大学の研究室

25年前に起きた事件

25年前に起きた事件の被害者が納屋から発見された。そして、納屋の外側の壁には大きなマークが描かれていた。それはレッドジョンのマークだった。
この事件もレッドジョンが関係しているのか?

この建物がある敷地は、宗教団体のビジュアライズが以前管理していた。しかし、農場の経営に失敗しいまでは関係がなかった。

パトリックジェーンは、レッドジョンはこの農場で働いていたかもしれないという手がかりがつかめた。ジェーンはレッドジョンの正体に関する手がかりを少しずつ集めていく。

大学の研究室

大学の研究室で被害者が発見された。海外ドラマ、ボーンに登場するような無数の虫達に食べられる遺体だった。
容疑者は研究室の誰かだった。
女性が容疑に上がったが、実は新種のガと研究者の雇用問題におけるもつれから起きた事件だった。

メンタリスト、シーズン5Disc8、あらすじ感想ネタバレ、

(これから)

関連リンク

ネタバレを含む内容が記載されています。

前回の記事、メンタリスト、シーズン6フィナーレ、リズボンの大きな決断、ジェーンは引き止めるのか

前回の記事、ネタバレ、メンタリスト、レッドジョンの決着

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: メンタリスト  タグ: , , パーマリンク