Apple Watch用の開発ツールセット「WatchKit」の提供開始|ディズニー実写シンデレラ、リリー・ジェームズさんがシンデレラ

アプリ

Apple Watch用の開発ツールセット「WatchKit」の提供開始

デベロッパはWatchKitを使ってApple Watch向けのアプリを開発ができるようになりました。
基本的にはアイフォンの補助端末的なアプリとしてアラートや通知を受け取ってその情報を表示するような機能が主体になるのでしょう。

これからApple Watch用にアプリを作るとしてどのようなアプリが人気ができるのか?

Apple Watchは腕時計型の情報端末なので表示領域が非常に小さい。まさに腕時計としての機能があれば十分だと思います。
そこになんの情報を表示させると利用者が得をするのか?

時刻、天気予報、遅延情報
メールの着信
予定、会議の時間
写真
ニュース見出し
ツイッター
フェイスブック
万歩計

などでしょうか。

映画

ディズニー実写シンデレラ、リリー・ジェームズさんがシンデレラ

過去のアニメ版シンデレラは素晴らしい作品です。そして、今回、実写映画化されたシンデレラもCGが良さそうで名作になりそうな感じです。
リリー・ジェームズさんがシンデレラです。とてもかわいい。

予告編を見る限り、継母にいじめられるシンデレラから始まり、12時の鐘がなってガラスの靴を忘れてしまうシンデレラが見られそうです。

でも、どうしてガラスの靴だけ12時が過ぎても元に戻らなかったのか? 今ふと思い出しました。
よくわかりませんが、魔法使いが王子様にシンデレラを探すためのチャンスを与えたのでしょうか?
魔法で王子様がシンデレラを好きになるように魔法をかけることはたやすいでしょうけどそんなことをしたら、シンデレラが喜ぶかどうか。
でもガラスの靴(一説には毛皮の靴が正しいとされるそうです)を現実的に作っても足が痛くてたまらないことでしょう。もしかしてその痛さも魔法で消してくれていたのでしょうか。
12時になって痛み止めの魔法が切れてガラスの靴が脱げてしまったというのならちょっと納得です。

Cinderella Official Trailer #1 (2015) – Helena Bonham Carter, Lily James Disney Movie HD

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: iPhoneアイフォンアプリ開発, 動画 タグ: , パーマリンク