映画スターウォーズ、エピソード7予告動画、Star Wars : The Force Awakens|2014年紅白歌合戦出場歌手、松田聖子、薬師丸ひろ子、中島みゆき、福山雅治、徳永英明が出演|OPECは、原油安でも減産見送りするのはなぜか?

映画

映画スターウォーズ、エピソード7予告動画、Star Wars : The Force Awakens

スターウォーズ、エピソード7予告動画がユーチューブにアップされました。
予告編では、カットカットがちょこっとしか流れていないので、どのようなストーリーが展開されるのかは全く予想できません。
Xウィングが水面か氷上の上をすれすれになって高速移動するシーンはかっこいい。

過去の映像よりも迫力のある戦闘シーンになりそうな予感です。
ロスト、パーソン・オブ・インタレストと先の読めないドラマ展開で見るものを翻弄させてワクワクさせるJJエイブラムスさんなので、スターウォーズの公開が楽しみです。
今回のStar Wars : The Force Awakensでは、過去三部作で人気俳優になったキャリー・フィッシャー、ハリソン・フォード、マーク・ハミルが出演する予定です。

売れっ子監督のJJエイブラムスのスターウォーズは一体どのようなものになるのでしょうか?
2015年12月公開です。

2014年

2014年紅白歌合戦出場歌手、松田聖子、薬師丸ひろ子、中島みゆき、福山雅治、徳永英明が出演

今年も紅白歌合戦の話題になる時期になりました。
最近は、ラジオで歌合戦を聞きながら、インターネットでネットサーフィンをするようになっています。
昔も勉強しながら、ラジオで歌合戦を聞いて、好きな歌手の時にテレビの前に座ってみて、歌が終わったらまた勉強部屋に戻って受験勉強をしていました。
昔の紅白歌合戦出場歌手は、誰が出てもおかしくない選考基準で歌がヒットした歌手が登場していました。
しかし最近の紅白歌合戦出場歌手は、歌がヒットしていなくても話題性だけで登場し、歌う歌がさっぱりわからず、盛り上がりに欠けることが多かったです。
アナと雪の女王の挿入歌でMay J.が出演するのはちょっと違うような気もしつつ、神田沙也加も登場するのでデュエットがあるということなのでしょう。

【紅組】出演者

絢香(7)、E-girls(2)、いきものがかり(7)、石川さゆり(37)、HKT48(初)、AKB48(7)、
SKE48(3)、NMB48(2)、神田沙也加(2)、きゃりーぱみゅぱみゅ(3)、香西かおり(18)、伍代夏子(21)、
坂本冬美(26)、椎名林檎(2)、天童よしみ(19)、中島みゆき(2)、西野カナ(5)、Perfume(7)、藤あや子(20)、
松田聖子(18)、水樹奈々(6)、水森かおり(12)、miwa(2)、May J.(初)、ももいろクローバーZ(3)、
薬師丸ひろ子(初)、和田アキ子(38)

【白組】出演者

嵐(6)、五木ひろし(44)、EXILE(10)、関ジャニ∞(3)、クリス・ハート(2)、郷ひろみ(27)、
ゴールデンボンバー(3)、三代目J Soul Brothers(3)、SMAP(22)、SEKAI NO OWARI(初)、
Sexy Zone(2)、T.M.Revolution(5)、TOKIO(21)、徳永英明(9)、AAA(5)、長渕剛(4)、
氷川きよし(15)、V6(初)、福田こうへい(2)、福山雅治(7)、細川たかし(38)、ポルノグラフィティ(13)、
美輪明宏(3)、森進一(47)

関連リンク
【紅白】出場歌手決定 初出場はV6、HKT48ら5組

原油、経済

OPECは、原油安でも減産見送りするのはなぜか?

減産見送り

11月現在、1バレルあたり約70から90ドルの間を推移しているようです。今年の5月あたりは110ドルだったわけですから、かなり下がっています。
通常、原油が安くなれば、OPECは、価格を上げて利益を得ようとするはずです。
原油が安くなるということは、買う側は当然安く原油を買うことができますが、売る側にしてみれば、価格が安いわけですから利益が出ないということになります。過去にも原油価格が下がって供給が過剰と判断して、
原油の生産を少なくし、価格が上がったという例があります。
しかし、今回はこの原油の生産を少なくしませんでした。しばらく様子を見ようという判断だそうです。

減産を見送った理由、推測

今回減産を見送った理由として考えられているのは、
シェールガスが生産が活発化し原油との競争力が増しており、このまま原油価格を上げてしまってはシェールガスの開発、生産が活発化する可能性があると判断したのかもしれません。
原油価格が下がってすぐに原油の減産をして、原油価格を上げてしまっては購入が減ってしまい、ライバルのシェールガスに乗り換えられてしまうと考えたのでしょう。
昔であれば、シェールガスの生産開発とガスの取得はコストが高くて効率が悪いとされていましたが、今では技術力が上がり、コストが低く抑えられていると言われています。
また、CO2問題で原油を使った二酸化炭素の排出量問題からくる原油の利用の低下も懸念されているかもしれません。
地球温暖化を防止するため、原油を使用しない自然エネルギーの活用も各国で盛んになっていることも影響を受けているのかもしれません。
日本では、多くの場所で、太陽光発電のためのソーラーパネルが設置されています。(電気の買い取りを中止するという報道があり、この先太陽光発電が活発化するか不明になっています。太陽光発電は、基本的に昼間の太陽が顔を出している時間帯
でしか発電できないので、曇や雨、夜は全く発電しませんし蓄電もしません。効率は非常に悪くて環境にやさしい発電です。)
特に、自動車産業では、ハイブリッド自動車、電気自動車、水素燃料とする燃料電池自動車とガソリン車から他のエネルギーを利用した自動車へとシフトしつつあります。
ガソリンの原料である原油の価格が上昇しては、ガソリン車に乗る人が減り、ガソリン車の生産が減ってしまうこともあります。
そうなると原油はますます下がってしまい、産出国はより利益が低減することになります。
産出国は、ある一定の価格となるように原油の価格を調整しつつも原油をこのまま利用してもらえるように価格を操作しなければなりません。
カネになる水と言われた原油をできるだけ、利用価値のあるものとしたいと考えています。

関連リンク
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201411/2014112800007&rel=j&g=int&relid=1_2

「原油価格は大幅下落しているが、OPEC最大の産油国サウジアラビアが最後まで静観の構えを崩さず、生産目標は現行の日量3000万バレルで維持された。この結果、ベネズエラなど一部加盟国が主張していた減産は見送られた。」
「原油市場は北米でのシェールオイルの生産拡大や、カダフィ政権崩壊後混乱していたリビアでの原油生産の回復などを背景に供給が過剰気味。」

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 未分類 タグ: , , , パーマリンク