起承転結 文章の書き方

文章の書き方

 ブログやMixiといった他人に向けての公開用サイトに、自分の今日の出来事を書いたり、株の取引を報告したり、好きな趣味について書いてみたり、ということが一般的になっている。
 そして、特別なコンピュータの知識が無くても、インターネットサイトに用意されているツールを使用することによって、だれでもが利用することができる。

 しかし、ブログや掲示板に記載されている内容は、非常に読みにくい文章が記載されていたり、誤解を受けそうな記載だったりする。

 文章を書くにあたって、大事なことは、伝えたいことは何か、いいたいことは何かをきちんとまとめることである。
そして、できれば1つの言い回しだけにとどまらず、別の言い方を考えてみると良い。
文章を書くポイントは、

(1)他人に理解してもらうことを考える。まずは、短文、単文、主語と述語のみで書く。

(例)は、下に行く程、山田さんや登場人物に修飾語を付けた例である。
言いたいことが、何かがよくわからないために、わかるようなわからないような文章となる。
山田さんが、遊園地に行ったことが言いたいのか、就職したことが言いたいのか、彼女のことを言いたいのか、木下さんと出会ったことが言いたいのか、全ての情報を折り混ぜる必要があるのかどうかを考えてみると良い。
(例)
 a.山田さんは、今日、遊園地に行った。
 b.隣の山田さんは、今日、彼女と遊園地に行った。
 c.大学生である隣の山田さんは、今日、大学生の彼女と遊園地に行った。
 d.就職が決まった大学生である隣の山田さんは、今日、来年就職予定の大学生の彼女と遊園地に行った。
 e.電機メーカーに就職が決まった大学生である隣の山田さんは、今日、来年に、銀行に就職したいと希望する大学生の彼女と遊園地に行った。
 f.電機メーカーに就職が決まった大学生である隣の山田さんは、今日、来年に、銀行に就職したいと希望する大学生の彼女と遊園地に行った帰りに、ハンバーガーにアルバイト行く途中の友人の木下さんと出会った。
 g.電機メーカーに就職が決まった大学生である隣の山田さんは、今日、来年に、銀行に就職したいと希望する大学生の彼女と遊園地に行った帰りに、ハンバーガーにアルバイト行く途中の友人である大学生の木下さんと出会った。
 h.電機メーカーに就職が決まった大学生である隣の山田さんは、今日、来年に、銀行に就職したいと希望する大学生の彼女と遊園地に行った帰りに、ハンバーガーにアルバイト行く途中の友人である大学生の木下さんと出会い、飲み会について話をした。
 

(2)起承転結を折り込む

 起承転結で文章を書くと、いいたいことまでに手間と時間がかかる。
しかし、起承転結を文章に折り込むことで、丁寧で理解しやすい文章となる。
すなわち、誰がよんでもその文章に書かれている状況が理解できる。

(3)結論をひと言でまとめて補足を付ける。



理解しにくい記事があったので、文章の練習で修正してみる。

 カンニングネット投稿事件である。試験中に携帯電話を使用して、問題を投稿し、回答を得た事件。
  しかもそれが、国立京都大学を含め複数の受験会場で起こった事件である
 。日本の最高峰の大学で起こった事件だけに、扱いもすごい。カンニングで逮捕状とは。
 
  2011年3月3日のヤフーの記事より
  http://www.asahi.com/national/update/0303/OSK201103030032.html
 
  引用文
  「同志社大(京都市)、立教大(東京都)、早稲田大(同)、京都大(京都市)の入学試験を受験していた。 ・・・  予備校生は家族や出身高校に対し、試験結果について、合否が出ていない京都大を除く3私立大のうち1校と、投稿が確認された4大学以外の私立大の計2校に合格したと伝えていたという。 」
 
   どの私立大学に何校合格していたのか理解しずらい文章である。
 
   状況を整理すると、
  予備校生は、私立、国立を含め、最低4つの大学入試を受けた。そのなかに投稿試験が含まれる。
 
  (1)予備校生は、家族らに2つの私立大に合格したことを伝えた。
  (2)現時点で、合否がでていない京都大。(合格は不明)
  (3)4つの国立私立大学のうち、1校に合格した(合格が不明な私立大が2校ある)つまり、京都大を除く3校のうちの1つとなる。
  (4)この予備校生は、上記以外の大学で、私立大学1校が合格した。
  (5)よって、私立大の計2校に合格した。
   この状況では、全部でいくつの国立私立を受けたかは不明。
 
  わかりやすく状況を踏まえて書いてみる。
   わかりにくくしてるのは、受験した4大学と投稿した4大学が異なるかのような印象を受け、更に、他にも受験した私立大学がある。
  それが受験校をややこしくさせている。
   受験して投稿したのだから、4つの大学は同じ。
  投稿していないか、投稿が発見されていない私立大が存在する可能性もある。
 
   まずは、シンプルに何校受かったのかを伝える記事を考える。
 
  (修正案1)
   予備校生は、家族らに私立大2校に合格したことを伝えた。そのうちの1校は、投稿が確認された4大学の内の1校である。
  ただし、京都大学の合格発表は行われていない。
   もう1校は、上記4大学以外の私立大学である。
   予備校生は、最低5校を受験したと思われる。
 
  (修正案2)案1が単文で、シンプルすぎてるので、別案を考える。
 
   予備校生は、投稿が確認された京都大学を含む4つの大学の内、私立大学1校と、その4大学の他に私立大学を受験して私立大学1校に合格し、合計2校の私立大学に合格したと家族らに伝えた。尚、京都大学の合格発表はまだ、行われていない。
   予備校生は、最低5校を受験したと思われる。
 




メニューに戻る
CM