PHPとは

インターネットのWebサーバ上で利用・実行される

PHPとは、サーバやPCに命令して、実行させるためのプログラム言語であり、スクリプト言語である。

 主に、UnixとかLinuxとかのサーバ上で実行されるプログラム言語である。 比較されるスクリプト言語としては、PerlやRubyなどがある。

 主な用途として、インターネットのWebサーバ上で利用・実行される。たとえば、訪問者のリクエストにより、プログラムは実行され、ブラウザ上にプログラムの内容が出力される。訪問者のリクエストとは、訪問者がブラウザ等によりホームページのPHPファイルにアクセスしたことをいう。

 たとえば、訪問者がホームページのURL(ファイル)にアクセスしたとき、そのURLがPHPファイルで記述されたプログラムファイルであれば、そのプログラムが実行されて、ブラウザに実行された内容が表示される。

 ブラウザに表示される内容は、単なる文章のみであったり、画像が表示されたり、アンケートを取得するための記入欄が用意されたフィールドがあったり、掲示板だったりする。

 PHPで記述したファイルの記述内容をエディタやプログラム開発環境などのアプリで開いて見ると、英数字が記述されて、英語のような文法で記述されているので、その記述を見る限りでは、PHPのプログラム方法を理解していない人がみると何が記述されて何がどうなるのかが理解できそうにない場合がある。

 しかし、サーバにアップロードしたPHPのスクリプト言語をブラウザで表示させるときちんと表示されるようになる。

 つまり、PHPを利用するには、インターネットに接続されたサーバ環境が必要となることが多い。

 一方で、PHPが実行できる環境を、利用しているPCやサーバにインストールすることにより個人でも、PHPを実行させることが可能である。